頭皮が乾燥しやすい秋から冬にかけてふけが出やすくなってはいませんか??
夏の紫外線によって頭皮がダメージを受け、追い討ちのように乾燥がやってきて気になってくる人も少なくはないかと思います。

なぜ頭皮が乾燥するのか??

その原因と対策を紹介していきます。

ツイッターを見てみると秋・冬に限らず年中乾燥に悩まされている人もいます。
一度治ったと思ったらまたふけが再発してしまう、、、

乾燥の原因は人それぞれです。自分に当てはまるものがあれば実践して見てください。

頭皮の乾燥の原因

シャンプー剤があっていない

私自身もそうなんですが刺激が強いシャンプー剤を使ってしまうと一気にふけが出てしまうことがあります。
普段は洗浄力が強くない頭皮に優しいものを選んで使っているのですが旅行や温泉など、普段とは違うシャンプー剤を使った時にフケが出てきたりしたときはシャンプー剤の洗浄力や成分があっていないことを疑った方が良いです。

その原因は刺激が強くて髪や頭皮にあってなく、必要以上に皮脂を落としてしまっているからです。
ある一定の皮脂は頭皮に必要なのです。

もちろんシャンプー剤の相性は個人差がありますのでシャンプーの選び方は頭皮環境を整えるためにもしっかりとしていった方がいいですね

シャンプーがあっていないこともありますが、盲点なのが洗う時のお湯の温度も関係しています。

結構気にしていない人が多いと感じたのでここも紹介します
季節によって寒いときは熱めの温度、暑いときはぬるめの温度に設定している方もおいのではないのでしょうか

頭皮が乾燥している人は少しぬるめの38度程度のお湯で洗い流すことをお勧めいたします

それは熱いお湯を使ってしまうと頭皮の皮脂が洗い流されてしまうからです
逆に脂性の方は40度程度の熱いお湯で洗い流すと余分な皮脂が洗い流されていきます

最初のお湯での予洗いとシャンプーを使った後のすすぎはしっかりとしておくことも大事です。

次にドライヤーです

ドライヤーで髪の毛を乾かすことを面倒になっていませんか?
ドライヤーで乾かすのは確かに手間と思います。
夏は暑いし冬は寒いし、、、

でも乾かさないことによるメリットはめんどくさくないということくらいです笑

ドライヤーの熱は大体100度くらいと言われています
よく言われているのが「ドライヤーで髪の毛が痛む」
これはオーバードライといって乾かしすぎは頭皮にも髪にもよくないです。
しかし私が思うにドライヤーを当てることを面倒に思う方がほとんどなのに乾かしすぎるほどドライヤーを当てる人は多くはないのではないでしょうか

乾かさないことによって雑菌が繁殖しやすい頭皮環境を作り出してしまうのでお風呂上がりで髪の毛が濡れている状態は極力避けてあげましょう

またドライヤーの当て方によってヘアスタイルを維持しやすくなったり分け目を目立たせなくすることも可能です
たかがドライヤーされどドライヤーで、ヘアスタイルを可愛くカッコよく見せるためにもドライヤーは必要不可欠なんです。

紫外線や外気の乾燥

頭皮の乾燥でふけが出る原因は人為的なものだけではありません。
紫外線や外気の乾燥も関係しています。

自分ではコントロールできない部分なのですが対策が必要です。
特に肌と一緒で冬は乾燥の季節ですので頭皮も乾燥しやすので注意が必要です

ライフスタイルが乱れている

睡眠不足や食生活などのライフスタイルの乱れによって血流が悪くなり頭皮環境も悪くなっていきます。
血流が悪くなることによって髪の毛に栄養分を行き渡らせてくれる毛細血管にも影響が現れます

暴飲暴食や寝不足などの生活習慣の乱れがある人は、それによって頭皮の乾燥や抜け毛予防にも繋がっていくので一度自分のライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

頭皮環境を見直してふけ対策をしていく

それでは上記で述べたふけが出る環境を見直しながら対処法をお伝えします

シャンプー剤を見直そう

シャンプーの界面活性剤が強くて頭皮の皮脂が必要以上に落ちすぎてしまってしまっている場合はアミノ酸系のシャンプーなどを使い極力負担を減らしていくことが大事です。
成分を見直すことも大事ですね

特に頭皮に特化したシャンプーはスキャルプ系シャンプーになります。

スキャルプ=頭皮

頭皮環境を整えるに特化したシャンプーということですね
ふけ改善だけではなく血行促進効果や抜け毛予防の効果があるものあります

お湯の温度を気をつける

せっかくいいシャンプーを手に入れたならばそれの効果を目的に向かって十分に発揮させるためにはお湯の温度も重要になります。

お湯が暑すぎると必要な皮脂までとってしまうことになり結果頭皮が乾燥しフケの原因になってしまいます。

38度程度にして皮脂を過剰に摂りすぎることをやめていきましょう
これでも熱いと感じる方はもう少し温度を下げてもいいと思います。

ドライヤーに気を使う

今はドライヤーも髪の毛を乾かすだけではなく、美顔効果や局部痩せにも効果があるとされているものもあります。
これはドライヤーからの風の質が全然違うものとなりますのでそういったものを試してみるのもいいと思います。

ドライヤーはお風呂上がりの髪の毛が濡れている状態からすぐに乾かしてあげることがポイントです

濡れていると雑菌が繁殖しやすい環境を作って頭皮にはよくありません。
濡れている状態は臭いも感じてしまう部分なので気をつけたほうがいいです。

フケが気になる方はスキャルプ系のアウトバストリートメントを頭皮につけた後にかわすこともgoodだと思います。

スキャルプ系のアウトバストリートメントは頭皮の化粧水のようなものです。
乾燥や結構促進効果も期待できます。

さらに頭皮マッサージも相乗効果でしてあげるといいです

季節の乾燥や紫外線対策をとる

自分ではコントロールできない外的要因から頭皮を守っていくことも大事です
紫外線は帽子をかぶったりして守る
乾燥した空気は加湿器などで対応する

細かいことかもしれませんがこれらの工夫をすることによって対処していくことも頭に入れておいてください

ライフスタイルの見直し

髪の毛にとっていい栄養素があるものを摂取したり、髪の毛が成長しやすいようにするために十分な睡眠をとることもとても大事です

髪の毛にとっていい栄養素とは亜鉛やビタミンB群などなど
バランスの良い食事を心がけましょう

質の良い睡眠はお肌と一緒でゴールデンタイムと呼ばれる22時から02時を目安にとってみるいいです
疲れやストレスは血行不良を引き起こす原因にもなります

ヘアケア剤をいくら使っても改善しないというときはこういった自分自身の環境を疑ってあげるといいですね

自分の頭皮の状態を把握することが大事

目立つフケが出てしまっているということは頭皮環境が良くなくなってきているサインでもあります。
まずは原因や自分がしてしまっていることを見直して向き合うことが大事です

フケやかゆみは放置していると悪化して取り返しがつかないことになってしまうこともあります

すぐに見直せることを今回はお伝えいたしましたので参考にしてみてはいかがでしょうか?

早めの対策で作りフケやかゆみがなくなって健康な頭皮環境を目指していきましょう