皆様こんにちは!
タイトルにも書きましたがハゲが進行しやすい時期というのがあります。
夏が終わり秋がやってくる時期が一番抜け毛が多くなりやすくハゲやすい時期と言われています

今回はなぜ秋が一番抜け毛が多くなりやすいのか?
色々な諸説があります。ハゲやすくなってしまう原因はなんなのかを見ていきましょう

夏の紫外線による頭皮のダメージでハゲが進行しやすくなる

一番大きな理由とされているのが、夏の紫外線による頭皮ダメージ
夏の紫外線は一年の中で最も強いとされています。
それにより頭皮がダメージを受けてしまい抜け毛を多くしてしまう原因

夏に日焼けして肌がヒリヒリしてしまったことはありませんか?
日焼けしないために日焼け止めクリームを塗ったり、UVケアをする人も多いかと思います
しかし頭皮はどうでしょうか?同じ皮膚の一部なのに頭皮に日焼け止めを塗ったりということはあまり聞きません

日焼けしてしまい皮膚にメラニン色素が沈着していくことも、肌を紫外線から守るためなんです
髪の毛があるにしろ、分け目や髪の毛が少ない人は紫外線をじかに受けてしまっており、
頭皮の負担は知らず知らずのうちに溜めてしまっています

紫外線を受け、ダメージを受けた頭皮は他の肌同様焼けてしまい、ヒリヒリしたり赤く炎症を起こすことだってあるんdす。
日焼けしてしまったら痒くなったりしますよね?
なんだか夏が終わったらシャンプーが染みるようになった、頭皮に痒みを感じるようになったという方は注意が必要です。

かゆいからといって頭皮をかきむしったりするとそこから雑菌が入り頭皮ニキビの原因になったり、皮脂腺が詰まってしまい正しい皮膚分泌が機能しなくなってしまい頭皮に悪影響を及ぼしてしますんです

結果的に頭皮がダメージを受けるということはバリア機能が弱まってしまうということ
毛乳頭や毛母細胞に悪影響が出てしまうので健康な髪の毛が育たないので
弱々しい髪の毛になってしまい抜け落ちやすくなってしまうと言われています

夏に海やレジャーはとても楽しいので、帽子をかぶる、日傘をさす、などの簡易的な対策や
すでに日焼けしてしまっている方は育毛剤などで頭皮に保湿をしてあげるなどの対策をした方が良さそうですね

あくまでも一時的な抜け毛と言われていますがそれを繰り返してしまうと頭皮環境を悪化につなげることには違いないので、意識して正常な頭皮環境を維持できるようにしていきましょうね

人間にも毛の生え変わりの季節がある

動物なら季節の変わり目の秋と春が毛の生え変わりのシーズンです
これが人間にも存在するという仮説もあるようです

人間の生え変わり時期とされていうのが秋と言われています

科学的に証明されているわけではありませんので真偽はわかりませんが
秋に髪の毛が抜けやすいと言われていて、気温の急激な変化に対応するために生え変わりが起きているのではないか?という検証もされているようです

こういった豆知識も覚えておくと面白いですね

急激な気温の変化による抜け毛

夏は湿度も高く乾燥しにくいのですが、秋から冬にかけて乾燥がどんどん進んでいきます
乾燥してしまうと頭皮はバリア機能が弱くなってしまい、ひこう性脱毛へとつながってしまう場合があります

ひこう性脱毛とは乾燥した細かなフケによって起こる脱毛です
肌にも起こりえることなんですが、乾燥してくるとカサカサと細かい粉状の皮膚が剥がれ落ちてしまうことが乾燥肌の方は体験したことがあると思います
それが頭皮でも起きてしますんです

こういった細かなフケは頭皮に蓄積しやすく、そのフケを皮脂が吸収してしまいそのまま固まって毛穴を塞いでしまうことで老廃物を排出しにくくなります。
また雑菌がたまりやすくなるため、炎症を引き起こし頭皮ニキビもできやすくなってしまうんです

これは先ほどの紫外線同様にヘアサイクルの乱れにつながり抜け毛の原因にもなります

紫外線のダメージ+乾燥によるダメージ

これが秋がハゲやすく抜け毛が増えてしまうと言われている原因
複数のリスクが重なる秋

ハゲのリスクが高まりやすくなる季節だからこそ普段から習慣づけをして正常な頭皮環境に導いてあげることが大事なんです

抜け毛が木になるけど何も対策をしないのは現状維持どころか悪化につながってしまいます
ハゲ対策に遅いというものはなく、予防も改善も気になった時にすぐに始めるべきだと思います
最初は慣れないでしょうが継続して続けることで健康な髪の毛を育てる環境をつくっていきましょうね