みなさまこんにちは!

他の部分は髪の毛がふさふさしているのに一部分だけずっと生えてこない、、、

交通事故でできてしまった怪我、またはスポーツの最中にできてしまった大きな怪我、
これらの傷で髪の毛が生えてこなくなってしまって悩んでいる方は多いと思います

軽い怪我であれば皮膚の再生機能でまた髪の毛が生えてくるのですが、
毛根の細胞が死滅してしまうほどの深い傷であればこのような一部分だけ髪の毛が生えてこないという状態になってしまいます。

また細胞が生きていたとしても皮膚が盛り上がってしまい、毛穴そのものを塞いでしまう肉芽を形成してしまうと髪の毛は生えてこなくなります

早速結論から申しますと、育毛剤や生活習慣の見直しでこの怪我によるハゲは

治すことは、、、できません!!

最新医療のハーグ治療法やメソセラピーを使っても、ミノキシジルなどの育毛成分を使っても細胞を活性化させることに止まります。
いくら細胞を活性化しても細胞が死滅していてはなんの効果もあらわれないのです

結果的に育毛剤では怪我などによる外的要因でできたハゲは治すことができない
ということになってしまうんです

自分のハゲが怪我によるものなのか?AGAが進んでできたものなのか?円形脱毛症なのか?と
ハゲの種類を把握して起きましょう
いくら高価な育毛剤を使用しても効果がなくては意味がないですからね

怪我によるハゲを治すには自毛植毛

ではそういったケガによって細胞がなくなってしまうことによってできたハゲが気になる人には対策は何も残されていないのか?
それは植毛と呼ばれる技術です

この技術は高度な技術を求められるのでどこでもできるというわけではありません
ちゃんと病院が対応しているかを確認して起きましょう

この植毛は人工的な髪の毛を植え付けると思っている方もいるかもしれませんが違います
自分の髪の毛で多い箇所である、後頭部やサイドの髪の毛の一部を地になる部位に移植するという方法です

目立たない箇所からの移植なので全体的な髪の毛のバランスが崩れることはありません。
今回の話でいけば怪我でできたハゲの場所にふさふさの場所の髪の毛を皮膚移植をし、
再び髪の毛を生やすことが可能ということです

これは自毛植毛と呼ばれる施術です。本来はAGAによって薄くなってしまった髪をAGAの影響を受けない後頭部などから髪の毛を移植し自然な髪の毛を生やすことができるという目的でする方が多いようです

もちろんこれだけ高度な技術をするんですから、それなりに高い金額になってしまいます。
広い箇所であれば100万円以上もかかることもざらにあります。
しかし今回のように小さな傷であれば20万円前後で可能な背術でもあります。
これでも十分な金額だとは思いますが、木になる箇所を努力なし、痛みなしで解決できてしまうんであればとても興味がある方法だと思います

外的要因でできたハゲは育毛剤で治すことができるのか? まとめ

髪の毛には毛母細胞やもう乳頭細胞が必要ですが、これが死滅してなくなってしまっていては育毛剤での改善は厳しいようです。
しかしこれらの要因で育毛剤では怪我のハゲを治すことはできないのですが、まだ選択肢があることに技術の進歩を感じます。
ひと昔前だったらこんな方法もなかったですからね〜

細胞が死んでしまっている箇所に願いを込めて育毛剤を使い続けたところでハゲが改善されることはないです。
適切な処置が無駄なお金を払うことなく済みます

もちろん箇所によっては髪型で見せなくすることも可能ですので髪型も大事ですね
同じ部分ハゲでも育毛剤で対策できる円形脱毛症とは違うのでそこも覚えて起きましょうね

ではまたハゲに関する記事をこれからも紹介させていただきますのでよろしくお願いします