ハゲといっても人それぞれ。つむじが薄くなってきた、頭頂部が見えて気になる、髪のハリコシがなくなって地肌が見える、などなど

日本人のAGAの人は約1260万人と言われており、そのうちのAGAを気にかけている人は800万人、その中でなんらかの対策をしている人は650万人と言われています。20〜69歳の成人男性の約3分の1がこのAGAを発症しているんです
(これは 板見 智:日本醫事新報 での情報です)

AGAは男性に特化したハゲの原因でハゲに悩んでいる男性のほとんどがAGAといっても過言ではないくらいです
ではAGAがどのようなものなのか?何が原因でなるのか?そもそもAGAとは?
AGAは放っておくとどんどんハゲが進行してしまうので対策をしていきましょう

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとはAndrogenetic Alopecia の略です。男性型脱毛症として知られています。
爆笑問題やGacktのCMで一般のハゲていない人にも聞いたことがあるという人も増えたのではないでしょうか?

頭頂部やM字ハゲと呼ばれる生え際に起きやすい男性特有のハゲです。
遺伝や男性ホルモンの影響でなるとされています

AGA(男性型脱毛症)の原因とは?

AGAの原因はジヒドロテストステロンという通称DHTと呼ばれるものが原因になります。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンと5α-リダクターゼという還元酵素が結びつくことによって増加します。男性ホルモンがハゲの直接の原因ではないのですが男性ホルモンが多いとAGAの原因になるジヒドロテストステロンを増やしてしまうことに繋がってしまします

ジヒドロテ ストステロンはAGA進行部の抜け毛の箇所に高濃度であり、髪の毛の生え変わる周期(ヘアサイクル)の乱れを起こしてしまいます。
ヘアサイクルの乱れを起こしてしまうと通常健康的に生えて育っていくはずの髪の毛が成長できず早く抜け落ちてしまったり、髪がやせ細り全体的にハゲの印象をを目立たせていくようになります

このAGAは目に見えてわかりやすく進行していくわけではなく、ゆっくりと何年もの時間をかけ進行していくから厄介です。
これにより頭頂部や生え際のハゲが進行していきます。放置していくとどんどんと悪化していく一方
しかしAGAでハゲても毛根自体は存在し薄い産毛のような細い髪の毛はまだ残っています。
ですので対策をしっかりしておくことがAGAを改善する一歩へと繋がるのです

AGA対策をする

AGAは対策すれば進行を遅らせることができます。
簡単に自分でできる方法を紹介させていただきます

バランスのとれた健康な食事

暴飲暴食をしていてはホルモンバランスを崩す原因になります。
髪の毛は皮膚と同じように食事のバランスにも関係があります。
暴飲暴食をしていると肌の調子が悪くなってしまったことはありませんか?

髪の毛はタンパク質の一種でケラチンという成分がほとんどです。
そのケラチンの合成を促進するのがミネラル
タンパク質が多い肉類や魚類、ミネラルが多い海藻類がいいですね

亜鉛やビタミンも大事なのでしっかりと健康な食事を心がけて起きましょうね

タバコを吸わない

髪の毛は血管から栄養分をもらいます。
タバコを吸うことによって血管が縮小してしまい栄養が行き渡りにくくなり髪の毛が栄養不足になりますので、
吸わないに越したことはありません

ストレスを解消する

薄毛の引き金になってしまうストレス。
人間生きている限りはストレスは感じてしまうもの。
大きなストレスは自律神経に影響してしまい睡眠不足や食欲減退なども起こってしまい髪の毛の環境的にはよくないです

極力ストレスを溜め込まないように、お風呂やスポーツなどでリラックスしコントロールできるようにしましょうね

シャンプーを正しくする

AGAになると髪の毛も細くなってしまいます。
細い髪の毛は絡まりやすくなりますので、絡まったままシャンプーをするのではなく
洗う前に軽くブラッシングをしほぐして整えます

シャンプーも爪を立てるようにしないで指の腹で優しく洗うようにするのが大事です。
また雑菌が湧きやすくなるため自然乾燥もダメです
タオルドライをしっかりとしドライヤーで髪の毛を乾かしましょう

男性の約3分の1がAGA まとめ

年齢を重ねればわかってくるAGAの恐ろしさ、、、
まだ大丈夫だろう、、、と思っていてもAGAが発症している人はいつか自分と向き合わなければならない日が来るかもしれません

対策は何事も早めにすることが大事です。
もし自覚が出てきたり気になっていたりするのであれば、簡単に生活の見直しからでもしていくことをおすすめします。
今の時代ネットでの買い物も情報もしっかりありますので、恥ずかしいと思わず育毛剤も使用してみてもいいですね

それでもやはり早く治したいという方は一番は専門医に自分の状態を見てもらうことが一番の近道です

もしAGAでないハゲの場合は対策方法も変わってきます

男性にとってハゲは切っても切り離せない存在なので自分の現状を把握して対策していきましょう!!