『ハゲは遺伝する』『父親がハゲていたら子もハゲる』『祖父、祖母がハゲていると孫までハゲる』

これはかなり有名ですが、この噂や都市伝説が本当なのかをですが果たして本当に遺伝によってハゲてしまうのか??
もし遺伝するとしたら母親?父親?祖父?祖母?どこから遺伝するのかを見ていきましょう

ハゲは遺伝するのか??

もし両親がハゲていたら?祖父祖母がハゲていたら?
ハゲは遺伝するのが本当でしたら自分の将来が心配になりますよね

もし自分の身の回りにハゲている人がいたら参考にして見てください

ハゲと遺伝の関係

結論から申しますとハゲと遺伝は深い関係があります。
本当だったんですね、、、

なぜハゲと遺伝は関係があるのでしょうか??
それは男性のハゲの原因でもある遺伝子が受け継がれていることが原因とされています。

ハゲに関係する遺伝子は現在わかっているのは2つあります

  • 5αリダクターゼの働きを高める遺伝子
  • アンドロゲンレセプターの感受性を高める遺伝子

この2つの遺伝子がハゲにどのように関係しているのかを見ていきましょう

5αリダクターゼの働きを高める遺伝子はハゲとどのような関係があるのか??

5αリダクターゼとは人の体内にある酵素の名前です。
この酵素5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことによってDHT(ジヒドロテストステロン)が作られます。

ジヒドロテストステロンはAGAの原因とされています。

遺伝子の中に5αリダクターゼの働きを高める遺伝子が多いとハゲに繋がりやすくなります。
5αリダクターゼの活性の高さは遺伝によって決められます。

この酵素が多く遺伝してしまっているとハゲやすい体質になるんですね

アンドロゲンレセプターの感受性を高める遺伝子とハゲの関係は??

上記のジヒドロテストステロンができてしまうことがハゲの原因とされていますが、
実はジヒドロてづとステロンができただけではすぐにハゲにならないんです

ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターというホルモンを感知する器官に反応することによってハゲが進行していきます

アンドロゲンレセプターも5αリダクターゼと同様遺伝してしまいます。

アンドロゲンレセプターの感受性の高さがハゲと関係あるんです

どこからハゲは遺伝してくるのか??

ではハゲが遺伝するというのはわかりましたが、ご自身の親戚親族のどこから遺伝してくるのか?ってのが気になってきます。

一番有名なのは母方の祖父から遺伝するというもの
これは男性に特に言われているものですがなぜなんでしょう?

ちょっと複雑な話になりますが、これは遺伝子の染色体に関係があります。

男性の場合はx染色体は母親から遺伝子、Y染色体は母親から遺伝子とされています。

5αリダクターゼはX染色体の中に存在しますので母親からの遺伝と言えますね

しかし母親はもちろん女性(笑)なのでエストロゲンなどの女性ホルモンにより影響がわかりにくいです

そこで母親の父親である祖父がハゲてしまっているとハゲが遺伝している可能性があるんです。

では遺伝がどの程度の割合で遺伝するのかが気になってきますよね〜

明確な研究結果は出ていません。色々な諸説がありますが大体25%〜30%ほどと言われております。
ただしこれはハゲやすい遺伝子を持っていたとしても絶対にハゲるとは限りません。

ハゲている人と同じライフスタイルを送っているとハゲる確率は上がるでしょう
他にも遺伝以外の原因によってハゲていく可能性ももちろんあります
やはり環境による差がありますので自身の周りにハゲている人がいた場合には意識しておいたほうがいいです

自分がハゲの遺伝子を持っているかどうかを確認する方法

母方の祖父がハゲている場合、もしくは母方の兄弟がハゲている場合に自分もハゲているかどうかを調べることができます。

それはAGAクリニックでハゲの遺伝子検査をすることができるんです

自分ではなかなか細かなところまではわからないと思いますので、気になる方は恥ずかしがってる場合ではないです
一度検査して遺伝していなかったら安心できますし、遺伝していたら他のハゲている人よりもしっかりと対策をとる
そういった現実を受け止めることでハゲと向き合っていきましょう

遺伝によるハゲ対策は??

遺伝子に抵抗することはなかなか困難を極めると思います。
自分にできる精一杯の対策をしていかないといけません

生活習慣・食生活・睡眠・ストレス・シャンプー方法・禁煙と様々な質を上げていくことによって遺伝のハゲに対しての対策をとっていきましょうね

まずはご自身の環境を整えていくことが大事です。

ハゲは遺伝する?? まとめ

ハゲは遺伝するという都市伝説・噂は関係ありましたね
実際に自分がハゲの遺伝子を受け継いでいるかを確認することが今では簡単にできる世の中になっていることが救いです。

決して受け止めたい現実ではないですが、ハゲの遺伝子を受け継いでいるからといって必ずしもハゲるということはありません。

しかし放置していると自分では気づかないうちにどんどんと進行してしまいます

ハゲ対策に遅いということはありません。
早めの対策を心がけて健康な育毛ライフを目指していきましょう!!